茨城県日立市で外国人技能実習生を受入れ支援できる『あじさい協同組合』です

茨城県日立市で外国人技能実習生を受入れ支援できる『あじさい協同組合』です

受入れの流れ

受入れの流れ

技能実習生の受入れ申し込みから帰国までの流れ

技能実習生の受入れ申し込みから
帰国までの流れ

海外の送り出し機関から技能実習生の受入れる流れをカンタン解説!
申し込みから日本へ入国、そして企業先で実習して母国へ帰国するまでの流れとなります。

【入 国 前】

人材募集から技能実習生の入国までには、約6ヶ月の期間が必要です。

1.申込み
2.送り出し機関より実習生を募集
3.書類選考・現地面接
4.事前教育(約3ヶ月)*介護の場合約5ヶ月
5.申請書類提出・在留資格認定
6.ビザ発給・入国
7.技能実習生入国

【入 国 後】

入国後法定1ヵ月講習外国人技能実習制度で受け入れた技能実習生が、日本に入国した後に必ず受けなければならない講習が『入国後法定1ヵ月講習』です。

日本語講習施設、研修センターで約1ヶ月の間、日本語、生活・専門知識、法的保護講習などを学ぶことになります。

【実習先へ配属】

講習修了後、雇用契約を結び企業へ配属となります。

ー 丁寧なヒアリングから ー

ヒアリング

貴社の事情をお伺いしながら、「実習生受け入れ」に関して最適な形をご提案させていただきます。

送り出し機関にて
実習生を募集

担当にお伝えいただいた内容をふまえて募集要項を作成し、現地の送り出し機関と密に連絡を取りながら、条件に合う候補者の募集をはじめます。

実習生の選考及び
雇用契約

当組合員と受入れ企業のご担当者様とで現地にて直接面接を実施します。

(最初のヒアリングからここまでで、およそ2ヶ月程度です。)

ヒアリング

貴社の事情をお伺いしながら、「実習生受け入れ」に関して最適な形をご提案させていただきます。

送り出し機関にて実習生を募集

担当にお伝えいただいた内容をふまえて募集要項を作成し、現地の送り出し機関と密に連絡を取りながら、条件に合う候補者の募集をはじめます。

実習生の選考及び雇用契約

当組合員と受入れ企業のご担当者様とで現地にて直接面接を実施します。

(最初のヒアリングからここまでで、およそ2ヶ月程度です。)

ー 日本語を学習して日本へ入国 ー

現地での事前講習
(約3ヶ月 480時間以上)

現地にて、選考をパスした実習生候補者に日本語、日本文化、日本の生活習慣などの講習を実施します。

日本入国

期待と不安を抱えながら到着した実習生を、当組合のスタッフが暖かく出迎えます。

法定講習
(約1ヶ月 176時間)

入国した実習生には、およそ1か月間、さらなる講習を受けてもらいます。 講習を通して、ごみ出しや地域住民への挨拶など、日本で生活をしていく上での重要なことを学びます。

現地での事前講習
(約3ヶ月 480時間以上)

現地にて、選考をパスした実習生候補者に日本語、日本文化、日本の生活習慣などの講習を実施します。

日本入国

期待と不安を抱えながら到着した実習生を、当組合のスタッフが暖かく出迎えます。

法定講習
(約1ヶ月 176時間)

入国した実習生には、およそ1か月間、さらなる講習を受けてもらいます。 講習を通して、ごみ出しや地域住民への挨拶など、日本で生活をしていく上での重要なことを学びます。

ー いよいよ実習スタート ー

実習スタート

講習、カリキュラム作成など、入念な準備を行なった上で、遂に実習がスタートします。

技能検定試験

1年間の実習を終えた後、技能実習を進めていくためには、技能試験を受けて、パスする必要があります。

当組合が受け入れサポートをした実習生については、全員が合格できるための教育制度を整えています。

技能実習2号
(2年目以降)

技能検定試験にパスした実習生は、2年目以降、技能実習2号としてさらなる成長を目指していきます。

実習スタート

講習、カリキュラム作成など、入念な準備を行なった上で、遂に実習がスタートします。

技能検定試験

1年間の実習を終えた後、技能実習を進めていくためには、技能試験を受けて、パスする必要があります。

当組合が受け入れサポートをした実習生については、全員が合格できるための教育制度を整えています。

技能実習2号(2年目以降)

技能検定試験にパスした実習生は、2年目以降、技能実習2号としてさらなる成長を目指していきます。

ー 母国へ帰国し学んだ技術・知識を役立てる ー

ー 母国へ帰国し学んだ
技術・知識を役立てる ー

母国へ帰国

3年間の技能実習期間を完了した技能実習生は、日本で学んだ技術やコミュニケーションを母国で活かすべく、期待と自信に胸を躍らせながら帰国します。